北海道すすきのでは「キャバクラ」の定義が違う

北海道に住んでいない人にとっては当たり前の言葉となっているキャバクラですが、実は北海道のすすきのではキャバクラの定義が違うのをご存知でしょうか?

キャバクラ→首都圏で言うセクキャバ

すすきのでは、キャバクラと言うと首都圏でいうセクキャバのことを指します。つまりキャバクラのつもりですすきののキャバクラに入ると、実際にはセクキャバだった、という事態になるのです。

それはそれでなんだかんだ良いと思うかもしれませんが、値段設定が違うため、あらかじめ予算を決めた状態でキャバクラに入ったのに実はセクキャバだったとなると、場合によってはお金が足りなくなってしまう事もあるのです。最悪クレジットカードで支払いをすれば良いのですが、それだと手数料がかかってしまうため、結果的には損してしまうことになりかねません。

こういう事態が想定出来るため、すすきののキャバクラに行くときは、キャバクラ=セクキャバであるということを頭に入れておきましょう。

ニュークラブ→首都圏で言うキャバクラ

では首都圏でいうキャバクラは何と呼ばれているのかと言うと、ニュークラブという名前で呼ばれています。

元々首都圏でもキャバクラとニュークラブに明確な違いは特にありません。強いて言うならば、ニュークラブと呼ばれる店はキャバクラと呼びたくないか、キャバクラの高級版として区別しているかの違いでしかありません。キャバクラという名前だと、いかがわしい店だとイメージする人も多いため、そのイメージを払拭するためにニュークラブと名乗っていたりします。

実際にお店に行ってみると、キャバクラとニュークラブはそう大差ありません。接客の質が高かったり、店内がゴージャスであったりといった違いはありますが、制度などはどちらも同じなので、ニュークラブでもキャバクラに来たときと同じようにすれば大丈夫です。

北海道ではキャバクラとニュークラブで区別をしておらず、またセクキャバのことをキャバクラと呼んでいるため、ニュークラブ=キャバクラとなっているのでしょう。

おすすめ店舗を比較

すすきののおすすめ店舗はどのようになっているのか、比較してみましょう。

ニュークラブ「CLUB EXCELLENT」

CLUB EXCELLENTは、すすきの駅から徒歩5分に位置するニュークラブです。
厳選されたすすきのの美女たちが、落ち着いた空間を作り上げ、お客さんを丁寧にもてなしてくれます。

キャストは美人ではあるのですが、だからといって変に着飾っているわけではなく、シンプルに美しい女の子が多いので、ありのままの姿の美しさを楽しむことができるのです。

新規フリーのお客さんに対しては、TAXと女性ドリンク込みの料金として60分5,000円という破格の値段で楽しむことができます。その60分で快適なひと時を過ごし、次に来た時に本指名する女の子を選んでみましょう。

ニュークラブ「Tonight」

2018年にオープンしたばかりのキャバクラ、Tonight。まだオープンして間もないため、フレッシュな感覚で楽しむことができます。

店内は清潔なモダン風の内装となており、コンセプトにある「皆さまに愛される」キャバクラです。

在籍しているキャストも新鮮さ満点な新人のキャバ嬢もいれば、他店舗で経験を積んで快適な接客スキルを身に着けたベテランのキャバ嬢と豊富に揃っています。

とにかく明るく楽しめるキャバクラとなっていて、思いっきりはしゃいで遊びたい人におすすめです。とはいえ度が過ぎないようにしましょう。

ニュークラブ「CLUB J」

とにかくハイクオリティなキャバクラと話題のCLUB Jは、内装がヨーロピアンなテイストとなっていて、日本なのに日本と感じさせないような洋風なつくりとなっています。

そしてキャストは高級キャバクラにも劣らないほどのクオリティで、気品のある美しい女性たちが丁寧にお客さんを楽しませてくれます。

店内もキャストも他のキャバクラとは一風変わったテイストとなっているので、キャバクラ好きの人でも新鮮な気持ちで楽しむことができるでしょう。