キャバクラの本指名と場内指名の違い、説明できますか?

皆さんはキャバクラの本指名と場内指名の違いを説明することができますか?キャバクラでは当たり前のように使われているこれらの言葉ですが、実は意外と詳しく知っている人が少ないのです。

今回は、キャバクラの本指名と場内指名について解説していきます。

本指名は入店前に誰を指名するか決めて行くこと

本指名とは、入店前にあらかじめどのキャバ嬢を指名するのかを決めてから行くことを指しています。

本指名は基本的にキャバクラに来るのが2回目以降の人が行うものです。初めてキャバクラに来たのに既にお目当てのキャバ嬢がいるというのは中々ないことなので、前回来たときに気に入った子を指名することを本指名と言うのです。

場内指名はフリーで来店後、気に入った子を指名すること

それに対し場内指名というのは、フリーで来店した後に、気に入ったキャバ嬢を指名することを指しています。

たとえば初めてお店に来たお客さんは、そのキャバクラにどんな嬢がいるのかわかっていません。

ネットで事前にチェックしていれば別ですが、キャストの情報を知らなければ本指名ができるはずがないので、まずはフリー(指名無し)で入店し、お店にいる子の中から何人かが順番に接客していきます。

その接客してもらった子の中から、気に入った子を指名することを場内指名と呼んでいるのです。

場内指名はお客さんの好みによって左右されます。皆さんにも女性の好みがあるでしょう。たとえば容姿が好みの子がいたり、話してみて面白い子だな、と思ったりなど、様々な好みがあるはずです。

キャバ嬢にとって場内指名を取るのは自分の稼ぎの第一歩となるので、できるだけ自分に場内指名を取ってもらえるように頑張っています。皆さんにも好み等はあると思いますが、その頑張りを見てあげると、よりキャバ嬢に喜ばれることでしょう。

女の子が喜ぶのは「本指名」

本指名と場内指名のどちらが女の子にとって喜ばしいことなのかというと、圧倒的に本指名です。

まずキャバ嬢視点で考えてみましょう。本指名というのは自分が目的でお店に来てくれることです。

「今日は○○ちゃんのために来たよ!」と言ってもらえたキャバ嬢は、自分がいるからこそこのお客さんはお店に来てくれたんだ、という喜びを味わうことが出来るのです。

さらに本指名は場内指名と比べてバックが全然違います。場内指名によって発生するバックは本指名よりも少なめに設定されています。

もちろん場内指名のバックも立派な収入源となりますが、稼ぎたいと思っている女の子はやはり本指名をとれるように頑張っているのです。

そういわれると「お客さんのことをただの収入源としか見ていないのではないか?」と思われるかもしれません。しかしキャバ嬢にとって稼げないとなると、そのお店にいる意味もなくなってしまうのです。

だからお客さんが本指名をしてくれるというのは非常に大事なことで、その子をお店に繋ぎ留めてくれているということにもなるのです。お気に入りのキャバ嬢がいるならば、できるだけその子のためにお店に行ってあげてください。

もちろん、自分の生活が厳しくなるくらい無理をする必要はありません。そこまで無理をされるとキャバ嬢側も申し訳なくなってしまいます。無理のない範囲でお店に行ってみましょう。